ひざの痛みには「ひざサポートコラーゲン」が適している、そんな話を耳にしたことはありませんか?

例えば『知られざるひざサポートコラーゲンのアドバイス』というサイト(http://www.cfsd-bd.org/)では予防としての効果が期待されている機能性表示食品として説明されています。

このサイトに限らず様々なサイトがひざサポートコラーゲンの予防効果について取り上げているのですが、ではそもそもどのようにして予防効果が実証されたのでしょうか。

その真偽の裏付けとなる事柄についてお話しします。

●機能性表示食品に認可された意味の重さ。

ひざサポートコラーゲンのホームページに掲載されている臨床データなどの情報が事実かどうかは、ひざサポートコラーゲンが機能性表示食品として認可されていることからも「事実である」と断言できます。

機能性表示食品とは、サプリメントがもつ機能的な働きやそれによってもたらされる効果を科学的に証明した商品の証で、監督官庁は、消費者庁と厚生労働省になります。

ただし認可にあたっては、消費者庁・厚生労働省が直接的にひざサポートコラーゲンを検査をするわけではありません。

●膨大な提出資料と秘密裏の検証。

機能性表示食品は、メーカーの自主的な申請手続きによってスタートします。

手続きというのは認可に必要な書類を揃えることで、この書類が膨大な量に上ります。

臨床データもその1つですし、エビデンス(証拠)となる科学的根拠を示した書類もその中の1つです。

長い検証と理論を積み重ね、それをもとにした臨床結果のすべての書類が整ってはじめて受付が受理されます。

その後、監督官庁では第三者である化学者に、誰にも知られないよう秘密裏に検証を依頼します。

●ひざサポートコラーゲンなど、申請したメーカーはもちろん、第三者の化学者集団がどこの誰なのかを知ることはできません。

提出されたデータを検証する第三者機関の化学者が誰なのか、いまどんな検証プロセスにあるのかなどは誰にもわかりません。

このようにして認可されたひざサポートコラーゲンですから、ホームページ上にある臨床結果も真実であると言って間違いのないものです。