予防的にひざサポートコラーゲンを使うとしたら

ひざサポートコラーゲンを摂取しはじめるのに、まだ若いから早いなどということはあるのでしょうか。

現代人に対する一般的な考察などから考えてみましょう。

●若くても軟骨に十分な成分が確保されていない?

ひざサポートコラーゲンの主成分であるコラーゲンペプチドは、同社の表現やデータでは50才で20才のころにくらべて半減するとありますが、第1にこれには個人差があります。

最近では若い人でもダイエットのしすぎなどから骨密度の値が異常に低かったり、コラーゲンの体内含有量が減って肌がカサカサになったり、血液の流れの悪さを引き起こし、血管のもろさがあるとも指摘されています。

膝関節の軟骨に必須のコラーゲン成分も、これらのことから推測すると、もっと若い頃から減少傾向にある人が多いと考えられます。

●低分子が可能にする速やかな吸収と伝達力。

ひざサポートコラーゲンに含有されているコラーゲン成分は、上記のように体内のあらゆる箇所にあり、一定の働きをしてくれています。

ひざサポートコラーゲンは、このうち「現代人は、体重を支える膝関節の軟骨に必要な量が著しく少ないこと」に着目した製品です。

低分子構造なので体内への吸収が早く、膝関節の軟骨部位に速やかに届きます。

●一応はデータとして50才で半減と示されていますが、上記のような意味からすれば、何才からでも早すぎることはないと思います。

個人差や現代人の食生活によるコラーゲン成分の減少などを考えると、ひざサポートコラーゲンを早期に購入し、成分を摂取するのに「早すぎる」ということはありません。

含有成分の1つであるコンドロイチンは40才で半減しますし、その他ヒアルロン酸といった必要成分も配合されています。

必要成分が半減するとこんな症状も・・・四十膝、五十膝が増加中…正座がキツイは“壊れる”サイン

Comments are disabled