ひざサポートコラーゲンを取り過ぎて悪影響はありませんか?

ひざサポートコラーゲンの主成分の元はたんぱく質です。

身体に必須のものでも過剰となれば体調を崩すこともあります。

摂取の仕方を見直しておきましょう。

●専用スプーンで1日2杯を守る。

質問者の問いにあるように、ひざサポートコラーゲンに含まれている主成分、コラーゲンペプチドの元になっているのはたんぱく質です。

低分子構造でナノレベルでの粒子化に成功していますが、それによる吸収力の早さや伝達・到達スピードの速さがある反面、たんぱく質の取り過ぎは気になるところです。

ひざサポートコラーゲンのメーカーでは、それを防止する意味もあって、使用時には専用スプーンで1日2杯まで、5㎎と表示されています。

これを守っている限り過剰摂取にはなりません。

●たんぱく質の摂り過ぎと健康障害。

たんぱく質の摂り過ぎで心配されている健康障害には、尿路結石や冷え性などがあります。

たんぱく質自体は身体に有効な栄養素ですが、コラーゲン同様にあまり多くの量を日常的に摂ると害する危険性があります。

とくに注意したいのは、ひざサポートコラーゲンの粉末を料理のレシピとして日常使いしている場合です。

スープなどに、お皿に注いだ後から入れる分には過剰になりませんが、鍋に直接何杯も入れてしまうのはやめましょう。

過剰かどうか、また効果そのものも曖昧になります。

●機能性表示食品であるひざサポートコラーゲンは、メカニズムや効能、使用上の注意などがホームページ上に公開されています。

どんなに身体にいいものでも、摂り過ぎは害になります。

同社のホームページには、ひざサポートコラーゲンの効果・効能、注意事項などが詳しく載っていますので参考にしてください。

Comments are disabled